BBS7.COM
MENURNDNEXT
不登校・高校中退者集まれ! 皆様にご報告 現在の閲覧者数:
不登校・高校中退者集まれ!
ウイッツ青山学園高等学校 広域制通信制キャンパス埼玉LETS です。  巷の大手通信制高校の莫大な授業料を取るサポート校よりも安いことに特徴があります。不登校・高校中退・転学・編入を希望される方は、お気軽にご連絡下さい。
なんでもご相談ください!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

WIN & WINセミナー
ウィッツ青山学園
熱血塾長日記
塾長の手紙

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様にご報告
塾長日記でも、いつの間にか公開されていましたので、
私からもご報告です。

10月5日(火)にうちの子が生まれました。
3148グラムの元気な男の子でした。

この日は朝からばたばたとしていました。
私にとって初めての経験で、どう振舞ったら良いのか
わからず、とりあえずドキドキしていました。

その日は、仕事に行く予定でしたが、急遽うちの職場の
方々が私の代わりの講師を見つけてくれて、私は生まれる
瞬間まで付き添うことにしました。とは言いましても、
分娩室で立ち会うためには、ある一定のレクチャーを事前に
受けておく必要があり、私はその手前の陣痛室までの
付き添いになりました。

苦しんでいる妻を見て、私は何もできずただ腰の辺りを
さすってあげるのが、精一杯の励ましでした。

分娩室に入り、それからは待合の廊下で待つことにしました。
テレビのドラマでもよくあるシーンですが、そこで、
生まれてくる子どもの泣き声を聞こうということにしました。

生まれてきた瞬間、助産婦が誕生を知らせてくれたとき、
今までに感じたことのない感動がありました。私ではなく、
妻が頑張ってくれたのですが、なんともいえない感動でした。

この感動を忘れずに、今後の子育てに、妻と協力しながら
やっていこうと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://winwin07.blog120.fc2.com/tb.php/186-9b0d6e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不登校・ひきこもり脱出レポート

1年間不登校でひきこもりだった私の息子が わずか15日で笑顔になり 元気に学校... 生活レスキュー【2010/10/14 16:07】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。