BBS7.COM
MENURNDNEXT
不登校・高校中退者集まれ! いただきます 現在の閲覧者数:
不登校・高校中退者集まれ!
ウイッツ青山学園高等学校 広域制通信制キャンパス埼玉LETS です。  巷の大手通信制高校の莫大な授業料を取るサポート校よりも安いことに特徴があります。不登校・高校中退・転学・編入を希望される方は、お気軽にご連絡下さい。
なんでもご相談ください!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

WIN & WINセミナー
ウィッツ青山学園
熱血塾長日記
塾長の手紙

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきます
世の中には素晴らしい人がいるものです。
「いただきます」は、主に、ご飯を食べる時の挨拶ですが、
この「いただきます」の中に込められている意味について
ある人が新聞に投書を出していたのを読ませてもらって、
「なるほど・・・・・」
と頷きました。

「いただきます」とは、

「あなたの命をいただきます。そして私は生きさせていただきます。」
という意味なのだそうです。


私たち人間は、
鳥や獣や魚そして草花など、
地球上のあらゆる生物をエサにして生きている生物であると言えます。

つまり、それらの命を譲ってもらうことによって、
生かされていると言ってもいいわけです。

あらゆる生物に与えられている命、万物への感謝を忘れないように、
この
「いただきます」
という言葉がある、というのです。

現代、生産者から消費者へと、
食べ物が直接届けられる機会は殆どなくなりました。
そのため、
私たち消費者は、生産者への感謝を忘れてしまっているとも言えます。
しかし、私たちの感謝は、
それだけにとどまってはならないのだと教えられます。


今まで私たちは、
子どもたちに
「いただきますは、それを作った人たちに対して感謝すること」として教えてきましたが、
もう一度
「万物への感謝」、
「生かしていただいていることへの感謝」として、
「いただきます」があるということを
子どもたちに教えていこうと思います。

(し)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://winwin07.blog120.fc2.com/tb.php/194-6cc29402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。